日刊コンピ 異常値の法則

競馬予想マニュアル

日刊コンピ 異常値の法則

日刊コンピ 異常値の法則

 

コンピ指数が予測オッズなのは、すでにご存じでしょう。

 

能力を表す指数ではなく、予測オッズだということが大前提なので、間違わないでくださいね。

 

それとコンピ指数を使っている人にとっては常識だと思いますが、

一度公開された指数は、そのあと更新(変更)されることはありません。

 

競馬開催当日にドシャ降りの雨が降ろうと、

大本命の馬の馬体重がマイナス20kgであろうと指数は変わらないので、

前日段階での評判(評価)と考えることができます。

 

つまりは「前評判」ということですね。

 

次に当日の人気やオッズは、状況に合わせて刻々と変化します。

 

競馬開催当日にドシャ降りの雨が降れば、

道悪適性の高い馬が人気上位に押し上げられ、

1番人気候補だった馬の馬体重がマイナス20kgなら、

この馬は2番人気に転落するケースも出てくるでしょう。

 

動かないコンピ指数と違って、当日の人気やオッズは「直前評判」と言えます。

 

このコンピ指数順位と人気順位のズレを狙った理論は、たくさん公表されていると思います。

 

 

 

 

上記の場合、コンピ6位12番の馬が、

開催当日に単勝3番人気に推されているので、狙い目になるというイメージですね。

 

 

 

 

また反対に、コンピ2位だった8番が、5番人気に評価を落としたことで、

オッズが甘くなって狙い目という理論もあります。

 

こうなってくると、コンピ指数より人気順位が上がったらOKなのか?

 

それともコンピ指数より人気順位が下がったらOKなのか?

 

よく分からないので、迷っている人も多いのではないでしょうか?

 

私に言わせると迷う原因は簡単で、取捨選択するのに理由がないからだと思います。

 

例えば、

 

コンピ指数より人気順位が上がると、厩舎関係者の買いが入っているので狙い目だ!

 

この理由はデタラメですが、

このような選ぶ理由をしっかりと提示されていると、買いか?消しか?を迷わないハズです。

 

しかしオッズやコンピだけで判断する場合、

馬の能力を見ないため、その馬を買う根拠がどうしても薄くなってしまう。

 

このジレンマは、コンピ&オッズ派の宿命ですが、

異常値の法則ではそのジレンマを解消して、

根拠をしっかり示すので、安心して欲しいと思います。

 

 

異常値の法則とは?

 

ではいよいよ「異常値の法則」の核心に迫っていきます。

 

手順は以下の5つ。

 

1、過剰人気が起きるレースを探す
2、上位馬のコンピ指数値(前評判)をチェックする
3、上位馬の人気順位(直前評判)をチェックする
4、コンピ指数より人気順位がダウンしている馬をピックアップ
5、人気しやすいハデな条件の馬を排除する

 

まず過剰人気の起きやすいレースにのみ参加するのですが、

これはマニュアルを読めば、どのレースに参加するのかひと目で分かるようになります。

 

また対象が1日1~5レース程度なので、的を絞りやすいかと思います。

 

次にその過剰人気が起きるレースで、過剰人気の馬を避ける。

 

これは競馬で勝ちたいなら当たり前の行動で、

株の世界なら株価のピークで購入することを避けるのと同じです。

 

MAX高値で買って、

あとは下落するだけという悲惨な状況にならないようにしましょう。

 

反対に過剰人気馬の影響でオッズが甘くなっている馬を狙うのは、

本来は価値の高いものなのに、ブームが来る前で安くで買える状態のこと。

 

オトクな状態と言えます。

 

本当にそんなオトクな馬を見つけることができるのか?

 

難しそうに感じるかもしれませんが、

コンピ指数(前評判)と当日人気(直前評判)を比較するだけ。

 

 

 

 

例えば上記のような感じです。

 

コンピ指数では2位なのに、直前の人気順位で3番人気の馬は、

前評判よりも人気がないので、オトクな状態と言えるでしょう。

 

これはコンピ3位13番の場合も同じです。

 

簡単ですよね。

 

ちなみに人気順位は締め切り5~10分前のものでOK。

 

ざっくりで結構です。

 

 

菜七子+ワグネリアンなら?

 

そして最後に人気しやすいハデな条件の馬を排除します。

 

例えばですが、

藤田菜七子騎手がワグネリアンに乗って、有馬記念に出走したらどうなりますか?

 

きっとすごい数の人間が、応援馬券を買うでしょう。

 

間違いなく、とんでもない過剰人気になるハズ。

 

このようなハデな馬は、配当妙味が少ないので買い目から排除します。

 

配当妙味の少ないハデ馬の取捨選択も、

マニュアルを読めば簡単に分かるのでご安心ください。

 

そして5つの手順をクリアすると、

 

勝率17% 連対率29% 複勝率39%

単勝回収率142% 複勝回収率91%

 

このような成績になります。

 

カンの鋭い方がこの手順をみれば、

マニュアルを読まなくても分かりそうなくらいの暴露レベルですが、

再び手順をご覧ください。

 

1、過剰人気が起きるレースを探す
2、上位馬のコンピ指数値(前評判)をチェックする
3、上位馬の人気順位(直前評判)をチェックする
4、コンピ指数より人気順位がダウンしている馬をピックアップ
5、人気しやすいハデな条件の馬を排除する

 

いかがでしょう?

 

コンピ指数を使って、過剰人気の影響を受けたオトクな馬を見つける。

 

続いてハデな馬を排除して、配当妙味の馬あるジミな馬だけを狙うという法則。

 

これが「日刊コンピ・異常値の法則」です。

 

シンプル過ぎてあまり書くことがありませんが、威力は絶大。

 

そして新しいコンピ指数の使い方として、あなたに新風を吹き込めると思います。

 

コンピ指数の研究と、馬券の購入にお役立てください。

 

日刊コンピ 異常値の法則

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss
タイトルとURLをコピーしました